HUMAN with HORSES

アメリカの引退競走馬
ホースセラピーで子供たちの心と向き合う

動画再生

JOSH MCELROY /  ジョッシュ・マッカロイ  /  CKRH

子供たちに馬を使ったセラピーを行う「Central Kentucky Riding for Hope」。そこで行われる高校課程のプログラムで、ホースマンシップを担当する教師。自分自身も元兵士で、戦場から帰るたびに馬と接して、自分の心のバロメーターとしていた。

ここに来るのは、地域の学校にうまく馴染めなかったりした子供たちです。彼らにサラブレッドを使ったプログラムを実施しています。馬は他の動物よりもセラピー効果を与えることができます。なぜなら人を評価したり、言葉で差別をしないから。馬は人間のことは気にしていないし、自分たちが安心して生活できることだけを気にしています。馬は安心を求める習性もあります。人間が精神的に安定していれば、馬もそこで一緒に休むということから、人間と馬は強い絆で結ばれていると考えられます。僕は長い間兵士として軍にいました。戦闘から帰ってくるたびに自分の馬や周りの馬を自分の心のバロメーターとしていました。馬の問題をスムーズに解決することができれば、僕と家族や周りの人々との関係を保つことができたのです。