HUMAN with HORSES

アメリカの引退競走馬
ひとりの女子大生ライダーの挑戦と夢

動画再生

ISABELA DE SOUSA イザベラ・デソウサ

ケンタッキー州レキシントン在住、18歳の普通の女の子。馬術競技を通じてサラブレッドのリトレーニング(再調教)を行うようになる。特に、現在の愛馬(コズミック・ワン)のリトレーニングを通して、多くの競馬ファンとのつながりも体験。今後もライダーとして、もっと引退競走馬の認知を上げていきたいと考えている。

私は、ハンター・ジャンプという馬術競技をしています。最近では馬術の世界でもサラブレッドの活躍する場が増えていて、第二のキャリアを促進する素晴らしい機会になっています。サラブレッドは、とても頭が良いので新しいことをすぐに吸収し、人間の意図もすぐに理解をします。逆に新しいことを教えないと飽きてしまう。競走馬たちは引退してもアスリートとして生きたがっているのだと思います。私は競馬ファンの人たちにも、競走馬としてだけでなく、引退後の競技馬としての活躍も応援してもらえるように、SNSなどを通じて再調教の様子などを発信しています。こうした活動で、引退馬の認知を上げていきたいと思っています。