HUMAN with HORSES

日本の引退競走馬
#6 馬らしく暮らす〜終のすみかで〜

動画再生

ホーストラスト

鹿児島県姶良郡湧水町にある、特定非営利活動法人ホーストラストは、現役を引退した馬たちが穏やかに暮らす牧場。昼夜放牧・共同放牧を基本とし、放牧地の面積に見合った頭数(1頭当たり0.7~1ha)が群れで生活をしている。病気やケガ、環境への順応状態によって4段階に分け、その馬の生活レベルにあった環境を整備している。

池川さん:元々馬は群れで暮らす動物なので、本来の姿、みんなで一緒に過ごすというのが、他とは違うところかなと思いますね。
山本さん:昼夜放牧なので厳しいシーズンもありますけど、それでも自由に寝転びたい時に寝て、草食べたい時に食べられてという環境は、自分が馬だったら幸せなんじゃないかなと思います。
小西さん:人も馬も永遠に生きるわけではないので、自分の現役時代、そして最期の時を迎えるまで、いかに生きたかというのが重要だと思います。選択肢があって、仲間と共にこういう環境で生きることが、このホーストラストの存在意義じゃないかなと思っています。