HUMAN with HORSES

総合馬術 EVENTING – 3STEPS –
馬術の魅力を3つのステップで
大岩義明選手

動画再生

大岩 義明 YOSHIAKI OIWA

総合馬術選手
出身:愛知県名古屋市
所属:株式会社nittoh

総合馬術 EVENTING

「馬術のトライアスロン」とも呼ばれ、馬場馬術・クロスカントリー・障害馬術の3種目を同じ人馬で3日間にかけて行われる。人馬共に総合的な能力やテクニックが求められ、さらには体力や精神力までもが試されるタフな馬術競技。

STEP1「ルール」

総合馬術には3種目あり、馬場馬術・クロスカントリー・障害馬術、これを1頭の馬でこなします。最終的には(3種目の)総減点が少ない人馬が優勝となります。総合馬術ではクロスカントリーがメインになり、長い距離を10分ほど馬と走りながら、水に飛び込んだり、かなりの数の障害物を飛越します。他の種目ではエレガントさが求めらますが、クロスカントリーは泥臭い感じですね。

詳しいルールはこちら>

STEP2「見どころ」

1頭の馬で3種目をこなすという事は、満遍なく出来ないといけない。お互いに分かり合う事が大前提にあるので、その馬とどれだけ日頃時間を過ごしているのか、これがすごく大事です。コンビを組んでいる馬が苦手としている障害物に向かっていく時は、普通よりも気合と言いますか、絶対行くぞっていうのを馬に伝えて臨みます。

STEP3「私にとって馬とは」

クロスカントリーのコースは過酷です。ゴールを切った後に人馬共に疲れていて、そこからチームみんなで馬を回復させてあげられるか、体温を下げてあげられるか、そういったチームワークがすごく魅力です。ゴールを切った時のなんとも言えない、馬と一緒に達成したっていう喜びがあり、世界最高峰の大会などでトップ争いができるというのは、やっていて特別な気持ちになります。僕にとって馬とは、戦友です。