HUMAN with HORSES

馬場馬術 DRESSAGE – 3STEPS –
馬術の魅力を3つのステップで
原田喜市選手

動画再生

原田 喜市 KIICHI HARADA

馬場馬術選手
出身:山形県山形市
所属:蒜山ホースパーク

馬場馬術 DRESSAGE

選手の指示に従って、馬がリズムよくステップを踏んだり、図形を描いたりする馬術競技。選手と馬の一体感、そしてダンスを踊っているかのような躍動感が、観る人の心を魅了する。

STEP1「ルール」

馬場馬術とは、横20mと縦60mの長方形の柵の中で馬を美しく見せる動きをします。歩き方と走り方が常歩・速歩・駈歩の3種あり、その歩法の中で肢を交差させながら横の方に進んでみたり、歩幅を小さくしてみたりというような運動を繰り返していきます。
決められた経路を約20項目以上こなしていく規定演技と、曲と演技をアレンジする自由演技があります。

詳しいルールはこちら>

STEP2「見どころ」

課題は、少しでも綺麗に、そしてダイナミックに魅せたい。パワーがある馬を自由自在に動かすのですが、その動かし方でも一歩一歩に対してきちっと正確に動かさなくてはならない。感じた時にはもう手が動いている、感じる時にはもう足が動いてる。完璧なフィーリングの中で行われているイメージです。できた時の達成感を馬から得られるのは素晴らしい経験だなと感じてます。

STEP3「私にとって馬とは」

若い世代に僕らの経験を伝えていきたいです。それをこなしていくために自分が学んで、そして学んだことをまた伝える。学び続けないと技術は伸びていかないと思います。いろいろなタイプの馬がいて、自分がそこに合わせない限り何も進んでいかない。馬の目線に立ってみて自分のことを考えてみると、人付き合いも同じだと思います。これからもその目線は崩さずに、長く馬術を極めていきたいと思っています。私にとって馬とは、人生の成長です。